プロフィールムービー・エピソード集

プロフィールムービーのエピソード6

2017年09月08日 11時24分

会社員をしていますが、後輩の女性の結婚式に招かれて参列をしてきました。彼女は27歳でとても明るく人気のある方だったのですが、私を含め一部の物にしか知らない辛い過去がありました。彼女の明るい性格から温厚な家で育ち両親の育て方が良かったので、彼女の性格が形成をされて行ったと思う方が多かったのですが、それは大間違いの出来事だったのです。

式場で新郎新婦のプロフィールムービーが紹介されたのですが、新郎の紹介は生まれてからの写真と小学生時代、高校、大学と言うように、生い立ちを含めながらの紹介で、時折笑いが起こる程の微笑ましい物でした。ですが、続いて新婦の紹介になったときに会場の空気が一転をしてしまったのです。生後間もない頃の写真が両親と共に映し出され、可愛い姿に微笑が溢れたのですが、その後5歳の時に母親を亡くしてしまい父親だけになったと紹介をされました。

最愛の母を亡くし辛い状況の時に、今度は8歳の時に父親を交通事故で亡くしてしまい、天涯孤独の状態になってしまったのです。回りの皆さんも知らない方が多く彼女の生い立ちを始めて知り、あまりの悲しみに涙が溢れて来ました。続いての写真が児童養護施設での写真になり、同じ環境の方たちとの暮らしがたくさん紹介をされており、彼女が施設で育った事が分かりました。

彼女は本当に明るく過去にそんな生い立ちがあった事を知らない人が多かったので、悲しそうな素振りを見せない明るい生き方に涙をする人が多かったです。式を挙げるだけではなく、どんな生い立ちが合ったかを紹介できるプロフィールムービーは大事だと思いました。